• HOME
  • 記事一覧
  • 東京のWEBデザイナーの給料は?正社員、派遣、フリーランス

東京のWEBデザイナーの給料は?正社員、派遣、フリーランス

WEB系記事
ヨシオカ レオ
Like : Web | デザイン | カメラ | スノーボード | 英語 |

こんにちは、GLUTのレオです。

新型コロナウイルスの影響で休業になってしまったり、オフィスワークの方は在宅ワークになっている方も多いと思います。

WEBデザイナーについては完全リモートで作業できる事もあり、そこまで業界に影響は出ていないと感じています。

業界の求人は少なくなっているものの、理由としては業績の悪化とゆうよりは、リモートできる環境が整えられなくて、求人数が少なくなっていると聞きました。

コロナの影響で仕事に多大な影響が出てしまった方は、今後転職を考えたりする方もいると思います。

そこでこの記事ではWEBデザイナーとして東京で働く場合の給料について話したいと思います。

制作会社で正社員で働く場合

東京にあるWEB制作会社で働く場合の初任給は大体20万円から27万円くらいだと思います。

給料はあまり高く設定されていないのですが、数多くのWEBサイトを作ると思いますので、技術力などはインハウスの仕事に比べるとかなり身に付くと思います。

よくあるパターンとしては2、3年制作会社などで働いた後にフリーランスに転向したり、インハウスのデザイナーになって年収を上げる方が多いように思います。

制作会社のデメリットは今の時代においても残業がものすごく多かったり、みなし残業で残業代が支給されないとゆう事もよく聞きます。

派遣社員で働く場合

WEBデザイナーで職を探してる方で派遣社員を検討している方もいると思います。派遣社員の給料設定は大体1900円から2500円くらいで設定されています。

派遣社員は残業も少ないので多くても30時間以内に抑えられてると思います。

派遣社員で働く場合は企業側も即戦力を求めている事が多いので、求められている技術力は制作会社に比べると低い一方で未経験から職を見つけるのは難しいと感じています。

派遣社員はデザインとコーディング両方求められてる事も多いです。

フリーランスとして働く場合

フリーランスは一概に給料の設定がしづらいのですが、企業に常駐とゆう形であれば大体40万円〜80万円くらいの間で設定されています。

業務委託とゆう形で働くことになるので、確定申告や保険料などは自分で払うことになります。フリーランスも総合的な実力を求められる事が多いと思いますので、高い技術力を求められることになります。WEBデザイナーの職種はフリーランスの方が多いので、ライバルも多くなります。

最後に

WEBデザイナーはどこにいても仕事ができるので、コロナや災害などの影響を受けにくい職業です。これからインターネットを活用した需要が益々伸びてくるので、一つの選択肢としてWEBデザイナーを考えてみてはどうでしょうか?

この記事を共有する

Facebook Twitter Line

関連記事