• HOME
  • 記事一覧
  • Webデザイナーにおすすめの外部モニター!BenQのPD2700Q

Webデザイナーにおすすめの外部モニター!BenQのPD2700Q

Web系記事
記事を書いた人 : ヨシオカ レオ
デザイン・カメラ・スノーボードを愛しています。美容師→SE→デザイナー→海外留学→GLUTを立ち上げ!Webデザイナーに役立つ記事を執筆してます。

みなさん外部モニターは何を使っていますか?

引越しのタイミングでモニターも買い替えようと思いまして、以前から気になっていたBenQのPDシリーズの2700Qというモニターに買い換えました!

BenQのPDシリーズはWebデザイナー向けのモニターで、色の見え方や目の疲れなどに配慮して作成されていて画面のモードも豊富で価格もお手頃でお財布にも優しい高機能のモニターです。

買い替えにあたって他のモニターと比較して最終的にBenQのPDシリーズ2700Qにしました!

モニター探しで特に気をつけたポイント
予算は5万円以下
2560 x 1440(WQHD)の高解像度かどうか
色がちゃんと表現できるか

他にも細かい箇所はありますがおおまかに上にあげた三つの観点からBenQのPDシリーズを購入しました。

この記事ではBenQのPDシリーズの機能などを解説していきます。

コスパが最高にいい

モニターは高額な物が多いですが、こちらのモニターは高機能な上に圧倒的にコスパが良いです!

Amazonや楽天などで新品で探すと平均して3万5千円程の値段でした。

他のモニターは5万円以上することを考えると圧倒的に値段が安いです!

購入した時期がAmazonのセールの時期でしたが価格は下がっていなかったので、セールの時期を待ってもあまり価格は下がらないようです。

メルカリなどでは3万円程で売られているのがほとんどでした。

中古でも気にならない方はメルカリなどで探してみてもいいですね!

2K = WQHD(2560 x 1440) 高解像度

モニターの解像度はWQHDで2Kとなっています。

4Kのモニターも探しましたが、予算的に少し高くなってしまうことや、ノートパソコンで接続しているので、パソコンに不可がかかってしまうことを考慮して2Kにしました。

実際に4Kのモニターを仕事で使用したことはないのですが、2Kでも綺麗に表示されているので特に不都合は感じていません。

豊富な画像モード

こちらのモニターは画像モードが豊富で【標準】【Rec.709】【sRGB】【CAD/CAM】【デザイン】【ブルーライト軽減】【暗室】【ユーザー】の8つの画像モードから選ぶことができます。

僕の場合は標準とsRGBとデザインとブルーライトの画像モードをよく使っています。

DualView(デュアルビュー)

BenQのPD2700Qの凄いところはこの画像モードを左右で切り替えられることができることです。

左側をブルーライトカットにして、右側をデザインモードなどにすることで文章などの色があまり関係しないものは左側に配置して右側でデザインをすることもできます。

大画面なので半分にしても見づらくなく作業しやすいのでおすすめです。

傾きや高さなども調整できる

高さや傾きなどの向きも変えられます。

向きも横向きから縦向きに変更できるので縦でドキュメントを見たい時やWebサイトを上から下まで見たい時には重宝します。

惜しい点

ここまで良い点を書きましたがここからはもう少し頑張って欲しかった点を書いていきます。

スピーカーの音が悪い

MacBook Proのスピーカーを使っているのでゲームをやる時くらいしか内臓のスピーカーを使う機会がないのですがスピーカーの音はあまり良くないです。

音にこだわりがある方は外部のスピーカーを使うか、ノートPC のスピーカーを使うのがおすすめです。

デスクトップパーテーションがWindows OSのみ

Macだとデスクトップパーテーションの機能が使えないので注意が必要です。

結構使える機能なのでMacにも対応しているとありがたかったです。。

最後に

ここまでメリットとデメリットを書きましたが、このモニターは買って損はないモニターだと思います!値段も手頃で画質的にはなんの問題もないので、予算を抑えつつ高画質のモニターを使い方にはおすすめのモニターです!

この記事を共有する

Facebook Twitter Line

関連記事

よく読まれている記事